アントシアニンでカラダ満足【様々な効能が得られる成分】

家族

女性の体

婦人

若い世代も注意が必要

更年期とは、閉経前後の10年を指し、40歳頃から卵巣機能が徐々に低下し、やがて閉経を迎えます。しかし、最近では20〜30歳代の若い女性にも更年期障害に似た症状が出る人が増えてきています。その理由は、1つ目に、スタイルの良い人気モデルや芸能人に憧れて、ダイエットによる食生活の乱れが考えられます。その年齢や時期に摂るべき栄養が摂取できていないので、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。2つ目に、毎日の起床時間や睡眠時間が日によって大きく違うなど、基本的な生活習慣が身についていない場合、それが積み重なっていくと自律神経が乱れ、当然のごとくホルモンバランスも崩れます。そして3つ目に、早い年齢から初潮が始まると、30歳前後から排卵数が減る傾向にあると言われています。

女性特有の体と向き合う

更年期障害と診断された場合の治療法は、一般的にはホルモン療法ですが、漢方薬治療もあります。昔は更年期障害という病名はありませんでしたが、さまざまな症状に合わせて漢方薬が使われていました。漢方薬による治療は、ホルモン療法に抵抗があったり、他にも服用している薬が多い場合などに適用されます。漢方は、気・血・水から体の不具合を探り、そのバランスを整えます。更年期障害は気や血の不調からきていると言われ、これらに適した漢方薬を処方していきます。漢方薬は、例えば頭痛、めまい、動悸、ホットフラッシュなど更年期特有の複数の症状に対して有効で、その人の体質などを十分に考慮して処方するので、合う場合にはよく効きます。